学生のころから気になっていたこと

初めて自分の毛深さに気がついたのは小学校高学年でした。中学生になるとお風呂でコッソリ父の髭剃りを使って腕や足を剃るようになりました。そのうち毛抜きというアイテムを知り、毛抜きで抜くと剃り跡がないのでツルツルになるという錯覚に。
しかし、何日かすると皮下再生毛が生えてくるのです。それをとるために皮膚に傷をつくり、お肌はどんどん酷くなりました。余計なことをするんじゃなかったと後悔しました。結局、剃ったり抜いたりを続けること数年。私がまだ学生だった時、友達は社会人になっていたのでエステにお金をつぎ込み見事に綺麗な脇の下を手に入れていました。羨ましかったです。それからまた数年。彼女に見習い社会人になった私はようやくエステに通いました。総額、80万近くつぎ込んだと思います。
全身当時はまだエステは高額なものでした。そこまでつぎ込んだ頃、かなり毛量は減りましたが、一度エステをおやすみしました。それからまた数年していろいろなエステができ、会社の近くに皮膚科と連携しているというエステをみつけました。お試しで覗いてみると料金もむかとは違いかなり通いやすい料金体系になっておりました。あと一息でかなり気にならなくなるという私の足。私は決心してそのエステに通いました。昔とは違い施術が変わってきていて、処理したところから生えて来る率は大幅に減りました。みるみるツルツルに。今では主人や子供にママの足はツルツルで気持ちいいねと言われます。まさかエステでツルツルにしたとはいえませんが。

Pocket