脱毛サロンで脱毛を受けるときは日焼けに注意

脱毛サロンで脱毛受けようと思ったら、日焼けに注意しましょう。
日に焼けていると脱毛が受けられなくなることがあります。
光脱毛は毛が持つメラニン色素に光を吸収させて熱で毛根にダメージを与えて処理をしています。
日焼けした肌はメラニンをたくさん持っているので、毛のメラニンだけでなく肌のメラニンにも反応して脱毛効果が減少する可能性があります。
日焼けをすると肌が乾燥して皮膚が固くなり、毛穴が固くしまってしまいます。
このときに脱毛を受けても毛が抜け落ちにくいので脱毛効果が減少します。
UVカット
潤った肌のときに脱毛をすると、毛穴の出口が広がって自然とムダ毛が抜け落ちやすくなります。
光脱毛をすると肌が熱を持ちます。
日焼けした肌は敏感になっていて、やけどをしたときと同じような状態で熱を持っています。

火に油を注ぐと火の勢いが強まるように、やけどをして熱を持った肌に光を照射すると肌が高温になってやけどや炎症の恐れがあります。
炎症が原因の色素沈着などができて治らなくなる可能性もあります。
このような理由で脱毛を受けられないことがあります。

サロンで脱毛を受けようと思ったら、2週間くらい前から紫外線対策を万全にして日焼けしないように気をつけましょう。

Pocket